逮捕の18歳「居眠りしていた」

京都府亀岡市篠町の府道で23日朝、集団登校中の同市立安詳(あんしょう)小学校の児童ら10人が亀岡市に住む無免許の少年(18)運転の軽乗用車にはねられた事故で、重体だった2年小谷(おだに)真緒さん(7)と、別の女児の母親松村幸姫(ゆきひ)さん(26)が同日午後、死亡しました。

これを受けて府警亀岡署は、自動車運転過失傷害容疑で逮捕した少年の容疑を同致死傷に切り替えるとともに、同乗していた少年2人(ともに18歳)も道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で逮捕しました。

運転していた少年は「居眠りしていた。一晩中、亀岡市内や京都市内などを走っていた」と供述しているそうです。しかも、少年は運転免許証を取得したことがなく、その上2年前に無免許でミニバイクを運転し検挙されたことがあったということ。
過去にも無免許運転で検挙されながら、再び無免許運転で2人を殺害するとは、情状酌量の余地は一切ありません。自動車運転過失とかではく、危険運転を適用すべきでしょう。