トランプ大統領来日

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が5日、就任以来初めて来日しました。大統領専用機でアメリカ軍の横田基地に到着、日本には7日まで滞在、安倍首相との首脳会談が予定されています。

 トランプ大統領は、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会も予定されるなど、滞在中の多くを北朝鮮問題への対応に当てる模様です。特に、安倍首相とは朝鮮半島で有事が発生した場合の在韓邦人退避について、その方策が話し合われると言う事です。

 アメリカと北朝鮮の間で武力衝突、つまり戦争が始まった場合、韓国にいる日本人を避難させなければなりません。現在在韓邦人は6万人と言われ、その避難策は最優先で用意する必要があります。在韓アメリカ人も20万人以上と推定され、在韓アメリカ軍による陸路と海路での避難が基本になると見られます。

 なにせ韓国政府は一貫して自衛隊の韓国内での活動を認めない方針で、在韓法人の避難についても協力しないと表明したこともあります。ですので、本来なら日米韓の3カ国間でするべき避難計画の協議も、日本とアメリカの2カ国間でするしかありません。