「豊洲市場の柱の傾き」報道、フジテレビが訂正

 フジテレビ「新報道2001」は10月9日の放送で、「豊洲市場の柱が傾いている」と言う同番組が報じた疑惑について、「誤解を招いた」と訂正しました。

 「新報道2001」の10月2日放送分で築地市場の豊洲移転を取り上げ、その中で東京都中央区の渡部恵子区議が提供した写真を紹介。豊洲市場加工パッケージ棟の柱が傾いているのではないか、と指摘しました。番組内では、「豊洲市場やその周辺の地盤沈下の影響による柱の傾きが疑われる」とするプロカメラマンや建築の専門家などの意見を紹介。

 「柱の歪みはカメラレンズによるもの」とする都の職員の話も取り上げましたが、番組の方向性としては「柱が傾いている」という内容で進められました。

 報道を受けて都中央卸売市場移転調整担当部長は、「現場を確認したが、傾いている事実はありませんでした」と反論。結局傾いていないことが判明しました。

 スマートフォンのカメラは広角に出来ているため、この様なゆがみが出る事があります。渡部恵子区議はスマートフォンで写真を撮り、撮影時は歪みに気づかなかったと言うことのようです。ワイドショーならまだしも、仮にも報道番組でこんな話題性先行で検証もしない内容を流すとは。