在日米軍撤退を示唆

 アメリカ大統領選の共和党候補指名争いで首位のドナルド・トランプ氏が、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、在日米軍撤退の可能性などに言及しました。

 トランプ氏は元々日米安保条約について「アメリカは日本を守る必要があるが、日本はアメリカを守らない、不公平な条約だ」と否定的な見解を示していました。インタビューでは、在日アメリが軍の駐留経費負担について、日本が負担を増やさない場合撤退させると述べたものです。さらに、日本の核兵器保有を容認する発言もしています。

 海外にあるアメリカ軍基地というのは、その地域を安定させてアメリカの国益を守るのが目的。在地日アメリカ軍の場合、特に近年ではアジアにおける中国の軍事的影響力が増大するのを抑止することや北朝鮮に対する牽制と言う目的が大きいのですが、トランプ氏はボランティアでやっているとしかみなしていないようです。

 で、最後は「核兵器の保有を認めるから自分のことは自分で守れ」と。この人は国際政治は完全な素人ですね。