ナバーロ選手、4週間出場停止

 プロ野球の千葉ロッテマリーンズは、21日に拳銃の実弾を所持していたとして銃刀法違反容疑で沖縄県警に逮捕され、処分保留のまま釈放されたヤマイコ・ナバーロ内野手(28)について、3月中のすべての試合への出場停止、パ・リーグ公式戦、イースタン・リーグ公式戦の開幕から各4週間の出場停止、制裁金50万円の球団処分を決定しました。

 ナバーロ選手は21日午後7時10分頃、那覇市の那覇空港国内線旅客ターミナル内の検査場で、拳銃の実弾1発をショルダーバッグに隠し持っていたのを発見され、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されました。

 ナバーロ選手の出身国ドミニカ共和国では拳銃の所持は合法で、うっかりカバンに紛れてしまったということのようです。拳銃本体は所持しておらず、悪質性は無いと判断されたのか、ナバーロ選手は直ぐに釈放され、球団が処分を検討していました。

 また、同選手に対する監督・管理の責任について、山室球団社長に厳重注意、林球団本部長に減給と厳重注意、松本編成部長に減給と厳重注意の処分が下っています。