グーグルに個人情報削除命令

インターネット検索によって過去の報道内容で自分の名前などの個人情報が表示されるのは不当だとしてスペイン人の男性が訴えていた裁判で、欧州連合(EU)の最高裁に当たるルクセンブルクの欧州司法裁判所は13日、アメリカの検索大手グーグルに対し「ネット検索企業は、ある一定の条件で個人名での検索結果からリンクを削除する責任がある」と指摘、個人情報を削除するよう命じる判決を下しました。

インターネット上に掲載される個人情報については、過去の犯罪歴などがいつまでも残ることがあります。例えば新聞報道された事件の記事がネット上に残り、更にそれを引用する記事、その事件を解説するような記事が複数のサイトに存在すると言うようなことが。こう言う動きに対して、EUでは個人情報保護やプライバシー保護の観点から「忘れられる権利」の必要性が議論されていますが、判決はこれを認めた形です。
”知る権利”と同じく”知られない権利”も存在するし、尊重されなければならない、と言う事です。

判決に対してグーグルは「決定は検索エンジンやオンライン上の出版社にとって残念なものだ」とコメントしています。