東京に決定

2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催都市を選ぶ国際オリンピック委員会(IOC)総会が現地時間の7日、ブエノスアイレス(アルゼンチン)で開かれ、IOC委員による投票の結果、東京に決まりました。
東京で夏季オリンピックが開催されるのは1964年以来、56年ぶり。1972年札幌、1998年長野の冬季オリンピックと合わせ、日本開催は4回目となります。

総会では、東京(日本)、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市によるプレゼンテーションの後、ジャック・ロゲIOC会長と日本、トルコ、スペインの委員を除いて投票が行われました。1回目の投票は、東京が42票、イスタンブールとマドリードが同数の26票。いずれも過半数を超えなかったため決選投票となり、それに先だって行われた最下位を決める投票でマドリードが脱落。東京とイスタンブールの間で行われた決選投票では、東京が60対36の大差でイスタンブールを破りました。

ちなみに朝日新聞社のツイッターの公式アカウント「朝日新聞オリンピックニュース」が、IOC総会の開催都市投票を巡り、「東京、落選」と誤って速報。中国の国営新華社通信も1回目投票で東京が落選と誤って報道。「イスタンブールが開催権を獲得した」とする速報記事を配信しています。

総会による進行の不手際で一時混乱があったようですが、東京が1回目の投票から安定した得票を獲得、圧勝しました。