予防と治療

マウス腱鞘炎は、腱鞘炎の一種です。これも他の腱鞘炎と同じく、使いすぎが原因なので、使いすぎた部分を休ませてあげることがいちばんの治療法です。

手首を休ませために、タオル生地のサポーターをつけるなどしましょう。指に違和感を感じているという程度ならば、指を休めてあげるだけでもいいでしょう。もし患部が炎症をおこしていたら、指の部分にサポーターをしたりテーピングをするのがいいでしょう。
症状が悪化して、消炎鎮痛剤や塗り薬を使った治療でも効果が得られないようでしたら、ステロイド剤を腱鞘に注射するという方法もあります。
最後の手段としては、局所麻酔をかけて腱鞘を切開するという手術をする場合もあります。

では、どうしたらマウス腱鞘炎を予防することができるのでしょうか?。パソコン作業の前や途中にストレッチをしましょう。首、肩、足、腰、背中、手首や指の部分です。椅子と机の高さを考慮して、姿勢をよく保ちましょう。
マウスを変えてみるのも一つの方法です。エルゴノミクスマウスという、縦型構造のものがあります。握る角度が自然で、手首への負担が少ないマウスが出ています。また、大きめのマウスを使ったり、トラックボールを使うのもいいかもしれません。トラックボールは。人差し指でボールを操作するタイプです。シンメトリーで、右手でも左手でも使えます。